Top

4894352793725014476.25388db3b9da2f2fc8b2e159c1c79924.23061608.jpg東工大講堂 image3_20230823222336466.jpg image1.jpg image5.jpg 1.jpg img20210421124636633855.jpg img_2510.jpg img_0198_20230823223152328.jpg s__8691735.jpg

Concept

 物質・エネルギー循環に根差したエネルギー変換化学とシステムデザインの探求

大友研究室では、エネルギー変換化学とエネルギーシステムデザインの立場から、エネルギー技術の基礎研究(電気化学・反応工学)からシステムの創成に至る、要素技術とシステム全体の融合的な研究を進めています。
エネルギー変換に関わる化学反応や材料開発、それらに基づく有効なエネルギーシステムまでの統合化を目指しています。
 
C(炭素)・H(水素)・N(窒素)の物質循環を目指して
・新規イオン伝導体の合成
・プロトン型燃料電池の開発
・アンモニア電解合成
・二酸化炭素の回収と還元反応
・化学ループ型水素製造
・エネルギーシステムの技術・経済性評価 
 

Our Research

 基礎研究と学系融合 材料・反応設計からシステムの創成まで

固体中のイオンや電子の伝導に関わる材料開発や、界面でのイオン輸送と化学反応の観測を通じて、高効率な燃料電池や電解セルなどの新しいエネルギーデバイス開発とシステムの提案、さらに社会導入に向けた低炭素技術の評価研究を行っています。気候変動問題の解決や、エネルギー供給源のリスクを分散してエネルギーを安定的に供給するためには、再生可能エネルギーの普及を前提として多用なエネルギーシステムの構築が重要です。
 

エネルギー変換化学

化学反応やイオン輸送に伴う新規な現象の観測と解明を目指すとともに、イオン伝導体をはじめとする材料開発や界面・表面での反応制御に基づいたエネルギー変換デバイスの設計と開発を行っています。
Key words : イオニクス、電解合成、ケミカルループ

エネルギーシステム設計論

脱炭素社会の実現に資するエネルギー変換システムの将来の社会普及を見据え、燃料電池のセルデザインや化学ループのプロセスデザインなどを含むエネルギーシステム設計やその経済性評価に取り組んでいます。
Key Words:システムデザイン、コストエンジニアリング
dsc09832.jpg img_8190.jpg 2023_m2_b.jpg img_7876.jpg eiif2-okazaki.jpg  

Lab News 

2024.04.13.

研究室に新たなメンバーが加わり、大友研究室の新年度がスタートしました。info >>

2024.03.26.

令和5年度東京工業大学位授与式が行われ、修士課程の小坂さんと駒田さん、学士課程の大友さんと曾さんが卒業しました。info >>

2024.03.18.-03.20

化学工学会第89回年会で、ポスドクの李さん、博士課程の山手さん、修士課程の小坂さんが発表を行いました。info >>

2024. 03.14-03.16.

電気化学工学会第91回大会で研究員のJulianさん、博士課程の岡﨑さん、修士課程の駒田さんが発表を行いました。岡﨑さんは優秀学生講演賞を受賞しました。info >>

2024.02.27.

大友先生がGXIコラムにて「グリーントランスフォーメーションを担うエネルギーシステムの構築に向けて」を執筆しました。info >>

2024.02.19-02.20.

令和5年度融合理工学系特定課題研究の発表会で、学士課程の大友さんと曾さんが発表を行い、大友さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。info >>

2024.02.13

令和5年度エネルギーコース修士論文中間・最終発表が行われ、修士課程2年の小坂さんと駒田さん、修士課程1年の佐藤さん、藤森さん、Sarachさんが発表を行い、小坂さんがベストプレゼンテーション賞を受賞しました。info >>

2023.12.11.-12.16.

第3回エネルギー・情報フォーラムが開催されました。本研究室からはD3の黄さんが参加しました。info >>

2023.12.01

エネルギーイノベーション協創プロジェクトで、修士課程の小坂さん、佐藤さん、藤森さん、Sarachさん、尹さんがポスター発表を行いました。info >>

2023.10.26

学士課程の大友さんが2023年度「東工大学生リーダーシップ賞」を受賞しました。info >>

2023.10.18.

学士課程の大友さんが、2023年度「東京工業大学環境・社会理工学院学生リーダーシップ賞」を受賞しました。info >>

2023.09.17-22.

国際学会SSPCにて、研究員のJulianさん、博士課程の山手さんと岡﨑さんが発表を行い、岡﨑さんがBest Poster Awardを受賞しました。info >>

2023.09.12.

第54回化学工学会秋季大会で大友先生がセッション「物質・エネルギーの革新的『変換・貯蔵・利用』技術と化学工学の貢献 次世代型高効率燃料電池の開発と電解合成への適用」にて招待講演を行いました。info >>

2023.09.11-13.

第54回化学工学会秋季大会で研究員のJulianさん、ポスドクの李恒さん、博士課程の岡﨑さん、山手さん、修士課程の駒田さんが発表を行い、山手さんが優秀ポスター賞を受賞しました。info >>

2023.08.10.

東工大オープンキャンパスが開催され、学士課程の大友さんが発表を行いました。info >>

2023.08.09.

修士課程の小坂さんが化学工学会山形大会にて発表を行い、学生特別賞を受賞しました。info >>

2023.04.06.

研究室に新たなメンバーが加わり、新年度の研究室活動がスタートしました!info >>

2023.03.27.

令和三年度 東京工業大学学位授与式が行われました。info >>

2023.03.23.

令和三年度 東京大学学位授与式が行われました。info >>

2023.03.13.

大友先生が「東工大SSI国際シンポジウム」において講演を行いました。info >>

2023.03.11.

大友先生が高校生向けのアウトリーチ活動を実施されました。info >>

2023.02.10.

大友先生が「JST e-ASIA Joint Research Program International Environment Workshop」において講演を行いました。info >>

2023.02.03.

大友先生が「CESD KICK-OFF Workshop」において講演を行いました。info >>

2023.01.31.

環境システム学専攻の修論発表会が行われ、修士2年の平子君が発表を行いました。info >>

2023.01.19.

大友先生が「化学工学会 第1回 エネルギー部会シンポジウム カーボンニュートラル実現に貢献する革新技術の潮流~最先端物質変換技術」において講演を行いました。info >>

2022.12.13.

博士課程の岡崎さんと黄睿さんが「2nd Energy and Informatics International Forum」において発表を行いました。info >>

2022.10.25.-10.28.

博士課程の岡崎さんと大友先生が「IMPRES2022」において発表を行いました。info >>

2022.10.09.-10.12.

博士課程の岡崎さんが「 242nd ECS Meeting」において発表を行いました。info >>

2022.09.14.-09.16.

博士課程の岡﨑さんと黄さんが化学工学会第53回秋季大会(オンライン開催)にて発表を行いました。info >>

2022.08.01.

大友先生がカーボンニュートラル達成に貢献する大学等コアリション主催「 イノベーションWG第2回シンポジウム」において発表を行いました。

2022.05.26.-05.27.

大友先生と博士課程の山手さんが第29回燃料電池シンポジウム(東京)にて発表を行いました。山手さんは優秀ポスター賞を受賞しました。

2022.04.05.

研究室に新たなメンバーが加わり、新年度の研究室活動がスタートしました!

Events 

2023.03.13.

東工大SSI国際シンポジウム「オープンイノベーションにより次世代の社会インフラを創造」が開催されます。info >>

2023.02.17.

第28回旬の技術・見学講演会「実用化が進むマイクロ波利用技術の講演・見学会」が開催されます。info >>

2023.01.16.-01.17.

最近の化学工学講習会71「カーボンニュートラルに貢献する・触媒反応工学」が開催されます。info >>

2022.07.28.

第8回ものづくり技術セミナー「プラスチック資源循環における選別・リサイクル技術」が開催されます。info >>

2022.01.18.

「第53回Continuing Educationシリーズ講習会 低炭素社会実現に向けたCO₂回収・利用・貯留(CCUS)技術と社会実装」が開催されます。info >> 

Tokyo Institute of Technology

東京工業大学
公式HP LinkIcon
東京工業大学
環境・社会理工学院 HP LinkIcon
東京工業大学
エネルギーコース HPLinkIcon 
 
ゼロカーボンエネルギー
研究所HP LinkIcon
カーボンニュートラルの実現に向け、再生可能エネルギーを含めた炭素循環や窒素循環に関する要素技術およびシステム構築に従事しています。
InfoSyEnergy
HP LinkIcon
大友順一郎先生が主幹事を務め参画するコンソーシアム(共同事業体)です。
持続可能な脱炭素社会の構築を目指した、「統合エネルギー科学研究」を展開しています。

Japan Science and Technology Agency

 
国立研究開発法人
科学技術振興機構 HP LinkIcon
低炭素社会戦略センター
HP LinkIcon
JST LCSではこれまで、低炭素社会実現に向け、固体酸化物形燃料電池システムにおける要素技術の構造化に基づいた技術シナリオを提案しています。
(提案書の詳細はこちらを参照してください)。
センター・オブ・
イノベーションプログラム
HPLinkIcon
JST COIでは、持続的共進化地域創成拠点におけるエネルギー部会に参画し、他大学の連携の下で再生可能エネルギーの地産地消に向けた評価システムの構築に従事しています。

Academic Conference

 
化学工学会 HP LinkIcon
書籍出版を通じて化学工学の様々なテーマの基礎~応用を紹介しています
化学工学会 関東支部 HPLinkIcon
化学工学会関東支部では毎年、化学工学講習会をはじめ多くのイベントを開催しています。
電気化学会 HPLinkIcon
 
日本化学会 HP LinkIcon
ECS (The Electrochemical Society) HP LinkIcon
ISE (International Society of Electrochemical) HP LinkIcon