卒業生の情報

卒業生 論文題目

博士論文

2018年 アミール 偉 翻訳の視点から捉えた科学コミュニケーションに関する研究 -福澤諭吉訳『窮理全書』と『訓蒙窮理図解』を題材にー
2015年 陳 燕 ポピュラーサイエンス分野の翻訳における評価シフトの研究:英語科学雑誌記事の日中翻訳を中心に

修士論文

2016年 今井 絢子 対話型システムとのコミュニケーションにおける心地よさに関する研究 ― Politeness Strategyとしての文末の丁寧表現を題材に
2016年 林 慧太 批判的思考力の養成への会話型ロールプレイングゲームの導入効果
2015年 李 煥然 日本語翻訳における異質性の認知に関する計量的研究
2014年 劉 新 日本語学習者のスピーチにおけるフィラー使用と評価への影響について
2013年 髙野 明彦 高分子科学における用語の多義性とコミュニケーションに及ぼす影響
2013年 山崎 貴史 異専門間協同作業におけるコミュニケーションおよび
作業アウトプットの分析と両者の関係調査

就職先

  • 金融・情報通信
  • 自動車メーカー
  • 電子機器メーカー
  • 出版・デザイン
  • 官公庁

スタッフALUMNI

川野江里子

川野 江里子(教育研究支援員)

出身
東京都
研究分野
環境心理学、環境デザイン、社会心理学、インテリアデザイン
ひとこと
コーヒー片手にAD French/marie-claire maisonを読むのが至福のときです。

研究業績等

論文

  • Kayoko Nohara, Michael Norton and Eriko Kawano, “Imparting Soft Skills and Creativity in University Engineering Education through a Concept Designing Short Course.” International Journal of Engineering Education, Vol. 33, No. 2(A), pp. 538–547, 2017.
  • 野原佳代子, 川野江里子. サイエンス&アート/デザインを利用した理工系人材のための創造性教育, 工学教育, Vol. 63-1, pp. 88-94, Jan. 2015.

学会発表

  • 川野江里子, 陳燕, 墨田岳大, 野原佳代子, イノベーションワークショップにおける場づくり -「コンセプト・デザイニング」事例からみる環境設計の試み, イノベーション教育学会第4回年次大会, 東京, Jun. 2016.
  • Kawano E.& Mazumdar S., “Patient experience in hospital environments”, the 44th annual meeting of the Environmental Design Research Association (EDRA), Providence, RI. May, 2013.
  • 川野江里子, 任 智顯, 仲 綾子, 小林 美紀, 添田 昌志. 授乳室における空間構成の実態把握と課題の整理, 日本建築学会大会, 日本建築学会大会学術講演梗概集, 1051-1052, Sep. 2010.
  • 川野 江里子, MOON Jung Eun, 大野隆造. 住宅室内空間に対する個人の図式と評価の関係: その2 図式と評価の関係及び評価項目間の関係について, 日本建築学会大会学術講演, 日本建築学会大会学術講演梗概集, Vol. E-1, pp. 985-986, Aug. 2007.