ニュース

2018 9/29 Existential Wearablesを探して~@渋谷ヒカリエコート 参加者募集

東京工業大学×ロンドン芸術大学CSM産学実験プロジェクト
10年後の東京、ひとはなにを着ているか?~Existential Wearableを探して

10年後の東京をわたしたちはイメージできるだろうか。そのとき、わたしたちはなにをまとい、なにを考えているのだろうか。Existential Wearable=実存的ウェアラブルというものを提案したい。Ex=外へ、is=存在するもの。すでにあるものではなく、ここにはないものである(外にある)という実存(existence)は、未来的でわたしたちの存在を導くタームだ。Wearableは未来にどんな形をとるのだろうか。私たちの存在をアシストし、自由をキープし、風のように開放的なものであってほしい。

東京工業大学×ロンドン芸術大学セントマーティンズ校は、上記のコンセプトで、合同でカフェイベントやウェアラブル考案ハッカソンを行ってきました。東京で日本語、英語、アート言語、科学・工学の言語やメソッドが飛び交い、議論、製作が続きました。その発表会をひらきます。高度情報化社会のおとずれが予想されるなか、わたしたちの「実存」はどんなウェアラブルを発見するのでしょうか。お楽しみに。

9月29日(土)@渋谷ヒカリエ コート
13:00 – 16:30(開場12:45 懇親とアートセッション18:00くらいまで)

イベント申し込みフォーム

学生・社会人混成ハッカソンチーム代表者
Heather Barnett(CSM)・ Ulrike Oberlack(CSM)・Betti Marenko(CSM)
野原佳代子(東工大)・津田広志(東工大)

 

助成: 公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京

 

 

 

協賛協力 株式会社SHINDO  旭化成株式会社        

後援   駐日英国大使館
技術協力 東京都立産業技術研究センター Autodesk Japan   株式会社PIVOT